そのときめきを忘れたくなくて、僕らはこの熱狂に集うんだ。「GIRLS ROCK SPLASH!!」最新シリーズライブをレポート!

そのときめきを忘れたくなくて、僕らはこの熱狂に集うんだ。「GIRLS ROCK SPLASH!!」最新シリーズライブをレポート!


12月13日(日)、Shibuya egg-manを舞台に行われたオデッセープレゼンツによるガールズバンドたちを集めたイベント「GIRLS ROCK SPLASH!!2015 WINTER」。今や、ガールズロックシーンを語るうえで重要な意味を持つイベントに成長。今回出演したのは、Walking After U / THE LEAPS / CANDY GO!GO! / Milkey Milton / HEAD SPEAKER / Split BoB / Chu’s day.の計7バンド。MCを、お笑い芸人のハグてっぺいが担当。この日の熱狂の模様を以下へ記そうか。

Walking After U
WALKING AFTER U 
 韓国から殴り込みをかけてきたのが、Walking After U。今回はギターが欠席、3人編成で勝負を仕掛けてきた。
冒頭からず太く重いロックナンバー『fact』を叩きつけ、3人は場内へ重厚なうねりを描き出した。「お前らいけるかー!!」。熱いコール&レスポンスも登場。地の底を這うようヘヴィな音轟く『Runaway』が連れたした、魂の奥底から沸き上がる高揚。突き刺さるラウドなロックンロールビートに乗せた『Incubus』が導いたのは、熱に浮かされた夢魔な世界?!。荒ぶるブルーズロックナンバー『Burn』を演奏した頃には、観客たちも彼女らの気迫を真正面から受け止め、戦い挑むよう高ぶる想いをぶつけていた。
哀切なピアノの音色に呼ばれるように、雄大かつスケールあふれたバラードロック『Blind』を演奏。なんて気持ち揺さぶる情熱的な歌なんだろう。その演奏に、心が惹かれっぱなしだった。最後は気迫満載で『Karma』を叩きつけ、場内に重厚なロックンロールの爆弾をWALKING AFTER Uは落としていった。その衝撃、かなり刺激的だった。

THE LEAPS
THE LEAPS
  超ゴキゲンなロックンロールバンドTHE LEAPSが登場。ド頭から狂わせてやろうとばかりに、爆走ビートパンク『地獄の果てからこんにちは』を突き付け、場内へハチャメチャなノリを描き出した。会場中にこだまする熱した無数の雄叫び。続けざま披露したのが、スマイレージのカバー『タチアガール』。開放的かつ高揚抱いた爆走ロックンロールなスタイルに変貌した楽曲に身を預け、会場中の人たちが拳振り上げ大騒ぎ。やるな、パーティ姉ちゃんたち。
胸にジンと染み入るバラード『ほしのありか~star sign~』を奏で、泣きの心模様を描いたあとは、THE LEAPSらしい弾け飛んたご機嫌なロックロンールナンバーを連発!!心地好い歌物ロック『HAPPY BIRTHDAY』で温かい空気を作り出したところへ、爆走シンガロングナンバー『ファンタスティックRADIO』をブースト。気持ちを熱く掻き立てるパーティロックに飛び乗り大騒ぎした中へ、最後も超爆裂アッパーチューン『Let’s get together』をぶつけ、熱狂の雄叫び止まない風景をTHE LEAPSは作りあげていった。

CANDY GO!GO!
CANDY GO!GO!
 普段はオケを用いているが、この日はバンドを従えて登場。何時も以上に迫力と厚みを増した音の上で、何時も以上に凛々しい歌声とステージングで、何よりロックなイズムあふれるオーラを思いきり放っていったのがCANDY GO!GO!。冒頭を飾った『おとなの事情』から重く駆けだした演奏の上で、がなるよう、何時も以上に野太い歌声を解き放ち、観客たちを熱く熱く煽っていた。観客たちもその気迫に負けまいと絶叫上げ、戦いを挑んでゆく。今宵のCANDY GO!GO!の気迫は凄まじすぎる!!
来年1月に発売するメジャーデビューシングル曲『overdrive』を披露。心地好く駆ける演奏に、今日はさらに熱狂の歪みが加味された気分。何より、挑みかかる勢いで歌い続けてゆくメンバーらの姿に胸が熱く燃えたぎっていた。場内に激しいモッシュの渦を作りあげた『絶対加速少女C』、すでに会場は熱気ほとばしる宴の空間に変貌していた。
ファンタスティックでロマンチックな、でもちょっぴり切なさも秘めた『そしてまた逢えると云うよ』を演奏。飛び交うコールが何時も以上の熱さを放っていれば、メンバーのキュートな歌声にも何時も以上に熱気という気迫がみなぎっていた。中盤には、会場中を使ったサークルトレインも誕生。今宵のCANDY GO!GO!のライブは火傷しそうなくらい熱を放っていた。
喧嘩をふっかける勢いのもと、拳振り上げ熱狂と絶叫を交わしあった『神様のイジ悪』。最後も、疾走する激情ロックチューン『Cinderella Call』を通し、会場中に消したくない熱気をCANDY GO!GO!は作りあげていった。ヤバいくらい熱かったね、今宵の彼女たちと観客たちは…。

Milkey Milton
Milky Milton
 Milky Miltonのライブは、純潔な青春の香りを胸にキュッと抱かせる『プレイボーイ』からスタート。晴れな表情を持った開放的な演奏に、誰もがタオル振りまわし心地好く身を預けていた。
今にも壊れそうな儚さ抱いた始まり。歌が進むにつれ『blue star moon』の演奏は熱を帯びてゆくが、楽曲自体はガラスの乙女成分を内包しているせいか、その歌声に触れているとチクチクッとした胸の疼きが止まらない。悲々としたエレピの旋律からの幕開け。『線香花火』が手招いたのは、消えそうなひと夏の恋の思い出。まだ火花放ちたい気持ちを、今にも壊れそうな声を持って切々と歌いかけてゆく。残り香のような想いだからこそ、その歌が胸を痛く痛く揺さぶっていた。
『Don’t cry goodbye』を合図に、Milkey Miltonのライブは一気に光を放ち出した。熱を秘めた想いを力強く歌い奏でてゆくメンバーたち。ほとばしる情熱的な演奏が、嬉しいくらいに気持ちを高ぶらせていく。場内に熱を放つ声こだましたのも納得だ。最後は、無数の拳と絶叫飛び交う空間作りあげた『Voice』だ。心の内側をさらけだしたエモーショナルな歌だからこそ、その感情に情熱が加味されたとたん、その演奏は強い説得力を持って胸に突き刺さってゆく。キュートでコケティッシュなのに、じつは熱いエナジーを持っている。その姿勢が良いよね。

HEAD SPEAKER
HEAD SPEAKERS
 今宵のイベントでは唯一、紅一点バンドとして登場したHEAD SPEAKER。甘い歌声を場内にはべらせての幕開け。歌い終わると同時に、演奏は一気に駆けだした。『瓶詰シュガープラム』が連れ出したのは、ウキウキとした青春ビートロックな空間。走る演奏に一緒に飛び乗り、心地好くも熱を放つ歌に気持ちを預け、ただただ無邪気に騒げばいい。それがHEAD SPEAKERのライブの楽しみ方だ。
♪Shakew×3 Your Hands♪と歌を掛け合い、満面の笑顔で無邪気にはしゃぎあった『KIRA KIRA』。「有り余ったエネルギーを全部ステージにぶつけてちょーだい」。その言葉へ想い返すよう大勢の観客たちが、身体中からほとばしる感情を、エモーショナルロック『GLORIOUS DAYS』を介しステージ上へぶつけていった。「ただ生きてる、それだけでいいと思う」。『Dear my desire』が与えてくれた、身体の奥底から沸き上がる熱を持った本能。自分の気持ちへ素直に行動すればいい。それが絶叫を求めているのなら、素直に叫べばそれが正解だ。
誰もが大きく手を振り、歌謡メロなビートポップナンバー『トロイメライ』の演奏に寄り添っていく。気持ち一つに解け合えるって、ホント最高じゃない?!。「あなたの世界を支えられますように」。最後は、カラフルな色を放つメロディックなビートロック『COLOR』だ。舞台上から放たれる演奏を全身に感じながらただただはしゃぎ続けたい、それがHEAD SPEAKERのくれた答えだ。

Split BoB
Split BoB 
 「GIRLS ROCK SPLASH!!」ではお馴染み、岡崎をベースに活動中のSplit BoBが出演。何時もならガツンとした演奏を叩きつけてゆくところだが、今宵は美しくも切なさ抱いたミドルバラードの『サクソニーブルー』からライブは始まった。とはいえ、感情が昂るにつれ演奏へ熱と躍動を帯びてゆくところは、エモーショナルさを魅力としている彼女たちらしさ。一転、弾むエレピの旋律を合図に『Parallel World』がスタート。一気に熱を持って駆けだした演奏とほとばしる熱を持った歌声へ、会場中の人たちが絶叫と暴れる姿を持って想いを返してゆく。何時ものヤバい熱気が、どんどん膨らみだした。
暴発寸前の熱を破裂させたのが、スリリング&ワイルドな『ジャッジメントチーパー』だ。中には何度もダイブを繰り返す輩も。それくらい気持ちを暴発させないと、この昂りを抑えるなんて出来やしない。中森明菜のカバー『少女A』を通し、妖しい大人の色気を振り巻き魔性な女っぷりを見せてゆくところも、今の5人の魔力…基、魅力?!
図太い音のうねりを持ったダンスロックナンバー『スパイス』が飛び出した。場内は、すっかりダンス会場に変貌。もちろん、Highな気分で騒ぎ狂うという意味でね。
最後は、轟き唸る音の塊をガンガンに振り下ろし、熱と圧を持った演奏で会場中を熱狂で包みこんだ『BE READY』だ。なんて逞しくも説得力強い歌と演奏なんだろう。彼女たちが今年一気に飛躍してきたのも、楽曲や演奏が持つ説得力にあるのは間違いない。

Chu’s day.
Chu’s day.
 演奏が流れた一瞬で、その世界へ感情のすべてが一気に引き込まれてゆく。それって、なんて素晴らしいことだろう。
眩い光を浴びて、いや輝く光へ向かい、にやついた最高の笑顔で駆けだした気分。『Cycling』の演奏が始まった瞬間から心のウキウキが止まらない。歌詞の一節ではないが、疼いたハートビートの躍動がやまないんだ。ヤバいよね、この青春の輝き。あまりにも眩しすぎて、もうメロメロだよ。
熱した感情を、さらにグツグツ煮え立たせたのが『愛の光』。恋したときのめっちゃウキウキした気持ちを。憧れの人に対して抱くワクワクとした想いを、彼女たちが、胸をバクバクさせるくらいのときめきに変えて心に注いでくれた。会場中の人たちと一緒に♪愛の光♪と歌った瞬間の超絶ドキワクした感情。もうたまんないよ、ときめきのレベルメーターが上がりっぱなしだよ。
 何かが起きそうなときに感じるはしゃぐ想い。心地好く疾走する『Hot Girl』に身を預けている間も、わくわくする誘惑が胸から離れなかった。そんな気持ちを抱きながらも、会場中の誰もが大騒ぎし続けていたんだけどね。熱く挑発する歌と演奏が爆発。続く『GAME』が、嬉しいくらいに感情を荒ぶらせた。熱した気持ちが抑えられないのなら素直に解き放てばいい、それが最上級の興奮という数式なんだもの。
♪Rockng Shoesで旅立つドアを開くの♪。『Rocking Shoes』に触れるたびに身体中から沸き上がる、熱いエナジー抱いた高揚気分。メンバーと一緒に、高らかに未来へ向う気持ちを歌うたびに、明日に輝く光を感じられる気持ちになれる。希望を与えると言葉を記すのは簡単だ。でも、本気で一緒に未来へ駆けだしたい想いに駆られるのは、その歌に、Chu’s day.のメンバーが描き出す歌と演奏を通した気持ちに、自信という確かな希望を信じれるからなんだ。
 最後に届けた『GLORY DAYS』に身を預けながら、誰もが、その先へ歩んでいく勇気をたっぷり心へチャージしていた。彼女たちのライブに触れたくなるのは、日常で疲弊しすり減った元気/勇気/希望/夢などの光に、ふたたび輝きを注入していくため。だからChu’s day.のライブを見終えると、みずからの身体が暖かな愛の光に包まれているんだろうな。
 アンコールで届けた『愛の光』。会場中の人たちが彼女たちの演奏に、たっぷりチャージした元気のエナジーを全力で返しながら、笑顔のキスを交わしあっていた。♪君が笑うそれだけでどんな悲しみも消える♪。その輝きを、今宵もChu’s day.はプレゼントしてくれた。会場中にこだました♪愛の光♪の大合唱が、ずっとずっと胸から消えないよ!

「GIRLS ROCK SPLASH!!」NEXT STAGE!!

次回の「GIRLS ROCK SPLASH!!」は、4月3日に大阪で開催することが決まっている。その後も続々開催予定なので、新たな情報を心待ちにしてていただきたい。

PHOTO:大久保恵海/星川歩未/野澤まな/ヨアン・クロション/ローラン・ネボウテ
TEXT:長澤智典

「GIRLS ROCK SPLASH!!」Web
http://girlsrocksplash.com/
(出演バンドも募集中)
Walking After U
http://www.bandwalkingafteru.com/
THE LEAPS
http://theleaps.net/
CANDY GO!GO!
http://one2one-agency.com/
Milkey Milton
http://www.milkeymilton.net/
HEAD SPEAKER
http://www.headspeaker.jp/
Split BoB
http://wish-japan.co.jp/splitbob/
Chu’s day.
http://chusday.xii.jp/

セットリスト

Waliking After U
『fact』
『Runaway』
『Incubus』
『Burn』
『Blind』
『Karma』

THE LEAPS
『地獄の果てからこんにちは』
『タチアガール』
『ほしのありか~Star sign~』
『HAPPY BIRTHDAY』
『ファンタスティックRADIO』
『Let’s get together』

CANDY GO!GO!
『おとなの事情』
『overdrive』
『絶対加速少女C』
『そしてまた逢えると云うよ』
『神様のイジ悪』
『Cinderella Call』

Milkey Milton
『プレイボーイ』
『blue star moon』
『線香花火』
『Don’t cry goodbye』
『Voice』

HEAD SPEAKER
『瓶詰シュガープラム』
『KIRA KIRA』
『GLORIOUS DAYS』
『Dear my desire』
『トロイメライ』
『COLOR』

Split BoB
『サクソニーブルー』
『Parallel World』
『ジャッジメントチーパー』
『少女A』
『スパイス』
『BE READY』

Chu’s day.
『Cycling』
『愛の光』
『Hot girl』
『GAME』
『Rocking Shoes』
『GLORY DAYS』
『愛の光』