MORATORIUM、最新MV『Haven』を公開。「安息の地」と題したこの歌が、ワンマン公演で重要な意味を持つ?!

MORATORIUM、最新MV『Haven』を公開。「安息の地」と題したこの歌が、ワンマン公演で重要な意味を持つ?!


元The SketchbookのドラマーだったVo&Drの悠と、ポルノグラフィティなど数々のメジャーアーティストのライブサポートやレコーディング等を務めるKeyの藤井洋、MORATORIUMは「ボーカル&ドラム」×「キーボード」という編成のもと活動中だ。
2015年に結成以来、イベント出演を中心にしたライブ活動と平行する形で、年に1-2回のペースで定期的にワンマン公演も行い続けている。とくに今年は、同級生どうしのメンバーの悠と藤井洋が30代へ突入する年。

4月25日には、4月生まれの悠の誕生日のお祝いと30代へ足を踏み入れたことでの決意を示す想いを胸に、MORATORIUMはTSUTAYA O-NESTを舞台に「Around 30 Requiem~第一楽章~」と題したワンマン公演を行った。そして、10月20日に30歳の誕生日を迎える相方の藤井洋のバースデーも兼ね、MORATORIUMは10月21日(日)に代官山LOOPを舞台に、今年2回目となるワンマン公演「Around 30 Requiem~第ニ楽章~」を行う。

この日に向け、MORATORIUMは最新ナンバー『Haven』のMV(https://youtu.be/GU2-yV2PHMo)をYouTube上にアップした。「Haven=安息の地」と題したこの楽曲は、今回のワンマン公演の軸となる歌。『Haven』に詰め込んだ想いが、当日のステージ上に描く物語では重要な役割を担ってゆく。ライブをご覧になる方は、事前に『Haven』を聞き込み、この温かい歌が、どんな意味や想いを持って目の前に描きだされるのか。何より、今のMORATORIUMの2人がどのような気持ちで歌を届けているのかを感じて欲しい。もちろん、このMVを観てMORATORIUMに興味を持った方は、ぜひ彼らのワンマン公演に足を運んでいただきたい。

現在、MORATORIUMの悠が、ワンマン公演に向け「イチナナ」アプリ(https://17media.jp/)を通しLIVE配信も行っている。ぜひu_vocal_drumsを検索し、彼の生のトークを楽しんでもらいたい。配信日時は、悠のtwitter(https://twitter.com/u_moratorium)上で告知になるだろうから、そちらをチェックしてください。

ワンマン当日に向け、様々な楽しみを届け続けている。MORATORIUM。気になったら、まずはこちらの映像(http://moratorium.jp/movie/)をチェックしていただきたい。気に入ったら、次の行動は言わずともわかりますよね。

最後に、悠のメッセージを記そうか。
「 実際に会ってお互いを肌で感じ合うことほど尊い時間はありません。安心したりワクワクしたりドキッとしたり。僕たちのワンマンライブもそんな人間味のある血の通ったステージにします。会いに来ていただけたら嬉しいです。お待ちしてます。」(悠)

TEXT:長澤智典

MORATORIUM Web
http://moratorium.jp/
MORATORIUM twitter
https://twitter.com/moratoriumjapan
MORATORIUM Instagram
https://goo.gl/h8LJ7g
                                      
●新曲「Haven」公開

★LIVE情報★

ONEMAN LIVE 2018 “Around 30 Requiem 〜第二楽章〜”
公演日 2018年10月21日(日)
会場 代官山LOOP
開場 16:30
開演 17:00
料金(税込) 前売 \3,400/当日 \3,900(+各ドリンク別600円)
出演 MORATORIUM
お問い合わせ先 info@moratorium.jp まで
※チケット発売中
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002262629P0030001

★映像★
http://moratorium.jp/movie/

9月29日よりJOYSOUNDにて「Judgement」がカラオケ配信
※本人MVです
【作詞】 悠 
【作曲者】 悠 藤井洋
【歌える機種】
JOYSOUND MAX
JOYSOUND MAX2
JOYSOUND f1
https://www.joysound.com